メンズエステで嫌われる客の特徴3つ

メンズエステ

メンエス嬢として働いていて、「この客ないわぁ、、」と思う客について共有していきます。

「仕事なんだから我慢してご奉仕しろ!」と思われるかもしれませんが、さまざまなお客様が訪れる中で、嫌なお客様に当たると萎えるのは人間だから当然ですよね。

女の子が嫌がることがないよう、優しい対応を心がけてみてくださいね。

メンズエステに来る嫌な客の特徴3つ

嫌なお客様の特徴について、3つその特徴を抜き出してご紹介します。

1.無断キャンセルしてくる

お客様の中でまず嫌なのは、無断キャンセルされること。予約されていたということは当然そのお時間はお客様用に開けていた時間になるので、他の方が予約を入れることができないんですね。

それだけでなく、当然その時間分のお給料が発生しなくなってしまうので、待機していた分だけ損した気分になってしまいます。

「消耗しないんだからいいだろ!」と言われるお客様もいるかもしれませんが、穴埋めをすることは簡単ではありません。さらに接客しない時間は意気消沈してしまうので、その日一日ブルーな気分で過ごすことになるでしょう。

お店によっては空いた穴を埋めてくれるような神対応をしてくれる店舗もありますが、そんな人気店ばかりではないのが現実です。集客力が弱いお店では、自分で穴埋めする営業を行うほかありません。

2.女の子の体に触れてくる

メンエスでは女性と二人きりの空間で過ごすことになるので、ボディタッチしてくるお客様がいます。

またネットの口コミを見たからなのか、「〇〇の店舗の嬢は生でヤれる」だとか、「抜きをしてくれる」などと、あることないこと書かれてしまうことがあるようです。

しかしメンエスでは体に触れる行為は禁止されており、風俗ではないためもちろん抜くことはできません。

抜くことがあってもグレーなお店で女の子判断でしているだけなので、店舗側としては全面禁止されていることがほとんどなんですよね。

悪質な場合には店舗に連絡され、最悪出禁になってしまうこともあるようです。

女の子の嫌がるような体に触る行為はせず、きちんとルールで決められた遊びをしてくれる紳士的な人がメンエス嬢の間では人気です。

3.泥酔した状態で来店

深夜や朝方まで開店しているメンエス店が多いため、泥酔した状態で来店してくるお客様がいます。

泥酔した状態では何をされるかわからないし、はっきり言って女の子側からすると怖いですよね。触られたり、ひどいときにはゲロって解放するハメになる、なんてことにつながりかねません。

また客層が悪いお店はどんどん嬢もやめてしまうことになるので、将来的に潰れてしまうことにもなるんですよね。

泥酔したお客様は百害あって一利なしなので、予約の段階で泥酔したお客様の来店はお断りするのがベストなお店側の対応だと思います。

マナーがなっていないお客様が意外と多い

嬢に嫌がられる客の特徴3つを見てきました。

確かに、メンエス嬢としても二度と対応したくないお客様に対してはNG客にすることができますが、そんなお客様に一度でも対応してしまうと精神が疲弊してしまいますよね。

メンエスで働いているからといって偏見を持たれたり、本番できるんじゃないかと交渉されるのもシンドイです。

sanmarusanみたいな出会い系型風俗マッチングサービスなら簡単に本番ヤらせてくれる女の子がいっぱいなのに、わざわざ嫌がるようなことをしに来店はしないほうがいいでしょう。

「そんなサービス初めてきいたよ!?」と思われるお客様もいるかもしれませんね。

マッチングサービスなら会う前からメンエス嬢と交渉することができますし、合意したオプションについてはきっちりいろいろできちゃうのが魅力らしいですよ。

うちの店舗の女の子も何人かアプリを使ってますし、アプリならお店を遠さないので独自のルールでいろいろやれてるみたいです。

もし「本番交渉したい!」だとか、「プライベートで会いたい!」という欲望を持っているなら、健全なメンエスではなくこういった出会いマッチングサービスを使うのがいいでしょう。

好みの女の子に確実に出会えるので、お互いにとってwin-winの関係がきっと築けますよ。

コメント