【初めてのメンエス】メンズエステで抜きの交渉をする方法

未分類

「メンズエステって個室でマッサージしてもらえるし、抜きまでできちゃうんじゃないの?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。

半分正解で半分間違いです。

確かにメンエスでは一部抜きアリの店もありますが、グレーゾーンで基本的に裏オプションという形で提供されています。

なのでメンエスで抜きをしたい場合には、お店選びが重要となってくるでしょう。

メンエスで抜きしたいならお店選びが重要

そもそも抜きがないお店で交渉したところでストップがかかってしまうので、抜きをすることは難しいです。

それよりも、最初から抜きがプランに組み込まれているようなお店か、交渉次第では抜きしてもらえるような緩いお店を探すことが大切でしょう。

具体的な特徴としては、固定電話がないお店、店舗型ではなく派遣型のメンエスなどは裏オプションが用意されていることが多いですよ。

メンエス初心者で抜きを体験してみたいという場合には、まずリサーチをしっかりして抜きありのお店を見極めてみてください。

メンズエステで抜きの交渉をする方法

ここで本題ですが、抜きありか分からないグレーゾーンのお店で交渉をどうするか?ということです。

そもそもメンエスは風俗店ではないため、性的なサービスを求めるのは過剰サービスになってしまいますよね。

そこでセラピストにお小遣いを渡す円盤や、「本番したほうが楽だよ」といったセラピスト側にメリットがある提案が必要になってくるんです。

1.お小遣いをあげて抜きしてもらう

抜くためにお小遣いあげなきゃいけないのかよ!と思われた方もいるかもしれませんね。

しかしメンエス店は風俗店ではなく、セラピストのサービス精神で抜いてもらっているという心を忘れてはいけません。そこでセラピストにメリットを提示するために、分かりやすく金銭的なやり取りがあります。

通常10,000円~程度お小遣いをあげれば、いやいやながらも交渉に応じてくれるセラピストは存在するでしょう。お店が暗黙の了解で抜きがOKという場合には、嬢の采配次第で抜きをしてくれるものです。

そうはいっても、全員が抜きしてくれるというわけでもありません。

そこで、別のアプローチも考えてみましょう。

2.本番のほうが楽だよと提案する

本番のほうが、手で抜くより楽だよといって本番に誘ってしまう方法もあります。

もちろんコンドームは持参することで、性病グダをされづらくなるでしょう。もちろん本番なんてだめ!というセラピストはたくさん存在するので、無理強いすることだけはやめてくださいね。

3.いろんなセラピストに本指名してみる

一人のセラピストに断られたとしても、簡単に諦めるべきではないです。

確かにネットの口コミなどは参考にならないこともありますが、セラピストによっては態度が全然違うこともよくあるため。

抜きなんて絶対いや!という嬢から、円盤ならいいよという嬢まで、さまざま存在します。

そのため、たくさんの嬢と接する中で、抜きしてくれそうな嬢を見つける嗅覚を養ってみてください。

アプリなら本番まで簡単にできる

ラブホで待ち合わせできるマッチングアプリをご存知ですか?

sanmarusanというアプリですが、風俗嬢やメンエス嬢など夜の仕事をしている女性が多く登録しているマッチングアプリとなっており、月額3000円程度で登録することができます。

もちろん最初はサービス料金が必要ですが、2回目からはセフレ化してしまうこともあり。なんでもアリのマッチングアプリで、あなたもメンエス嬢とラブホデートを楽しんでみてください。

コメント